はたらく人と、
未来をひらく。

目の前の人に喜んでもらえたり、
まだ地域のどこにも無いものをつくりあげたり、
知らなかった自分の可能性に出会えたり。

私たちは、「はたらく」ことで、新しい世界とつながっていける。
これまでの自分の枠を飛び越えて、いくつもの人生と重なりながら、
たとえ少しずつでも、世界を動かしていける。

ハタラボ島は、淡路島を中心に、
『はたらく力づくり』『はたらく拠点づくり』『はたらく仲間づくり』を通して、
はたらく人を支え、ともに新しい価値を創造する事業です。

今はまだ、かたちが無くても。うまく言葉にならなくても。
さまざまな人に出会い、その知恵と技術と経験にふれ、
想いや行動をともにすることで、
一人では辿り着けなかったような未来がひらけてくる。

この島から、一緒に。
もっと、面白い「はたらく」へ。もっと、面白い世界へ。
羽ばたいていきませんか。

島から生まれる、これからの「はたらく」。

20年前のはたらき方と、今のはたらき方が違うように、20年後の「はたらく」は、今とは大きくかわっているだろう。
これまで見てきた仕組みやルール、自分の限界、チームの壁。すべての垣根をフラットにして、
さえぎるものの無い自由な目で、未来の「はたらく」を見つめ、つくりあげていこう。

はたらく力づくり(研修事業)

淡路島ではたらく人、島の外からはたらき方を見つめに来る人たちが、生涯を通じて学び、成長し続けられる場をつくります。ゆたかな風土と自由な空気に包まれたこの島だからできる発想で、みなさんと共に、はたらくことの本質的な価値や面白さを見つけていきます。

  • [ 企業研修 ]
  •  チーム力・組織力を高めたい
    • チームビルディング研修
    • コミュニケーション力アップ研修
    • 複数社合同研修
    • 聞く力をつける研修
  •  社員の可能性を引き出したい
    • キャリアデザイン研修
    • スキルアップ研修
    • メンタル力アップ研修
    • クリエイティブ力アップ研修
  •  都会ではできない研修を取り入れたい
    • 淡路島独自の食や自然にふれる研修
    • 農業、漁業、食文化体験型研修
  • [ 個人向け研修 ]
  •  個としてはたらく力を伸ばしたい
    • 社会人研修(はたらき方、キャリアデザイン)
    • 起業向け研修
    • 自分をふりかえる研修
  • [ 行政向け研修 ]
  •  地域に根ざした、はたらきを追求したい
    • キャリアデザイン研修
    • 地域おこし協力隊に向けた研修
    • 地域での起業研修

はたらく拠点づくり(ノマド事業)

かつて学校として使われていた空間を利用した「ノマド村」をはじめ、情報交換や交流の場としての機能を持つワークプレイスを運営。ローカルにも都市にも開かれた場所をつくることで、多様なもの、異質なものがつながり、新しい世界が生まれていきます。

  • [ ノマド村・ワークプレイス運営 ]
  •  ワークスタイルを変えたい
    • リモートワークの導入
    • サテライトオフィスとしてのワークプレイス活用
    • 暮らしと結びついたはたらき方
  •  自分で新しい仕事をはじめたい
    • 副業として興味ある仕事への挑戦
    • 独立の準備スペース、独立後も使える拠点
  •  新しい空間やつながりの中に身を置きたい
    • 情報交換、交流の場としてのワークプレイス活用
    • 地域の人々と島外の人々のつながり
    • 仕事場を変えることによる意識のリセット

はたらく仲間づくり(採用支援事業)

一緒にはたらく仲間が必要になったとき、採用計画の立案から説明会、選考まで細やかな採用支援を通して、会社の未来を共につくりあげる人材を見つけます。ハタラボ島では研修事業も行なっているため、入社後の人材育成まで一貫してサポートすることができます。

  • [ 採用アウトソーシング ]
  •  入社志望者の適性や本音を知りたい
    • 選考支援
    • リクルーターアウトソース
  •  はたらく人を集めたい
    • 会社説明会支援
    • 人材紹介会社や人材広告会社の活用支援
  • [ 採用コンサルティング ]
  •  求人力や採用力を高めたい
    • 採用の設計と戦略立案
    • 面接官やリクルーターのトレーニング

はたらく拠点の第1号、ノマド村。

ハタラボ島のノマド事業、『はたらく拠点』の第1号になるのは、淡路市長澤にあるノマド村です。2009年からアーティストコミュニティーとして活動が繰り広げられ、地域の観光や活性化に貢献するとともに、国内外から注目を集めるノマド村。その名前には、“移動民”であるノマドと“定住地”である村という一見対立した概念が含まれていて、多彩な人々が共有活用し、流動的に変化し続ける、開かれた場がつくられてきました。
そんな場所を、ワークスペースやコミュニケーションの基点として開放することで、個人と企業、島の中と外、業種や人種の垣根を越えた、新しいはたらき方が広がっていくことが期待されます。

ノマド村 ノマド村の使い方
ノマド村ウェブサイト

ハタラボ島協同組合メンバー

中山 雄一

中山 雄一

広告代理店の法人営業を経て、大手外食チェーン店の人事採用部に転職。西日本採用チームのリーダーとして、採用の全体設計、イベント企画運営、研修を行う。これらの経験を活かし採用、研修分野を担当する。

中山 由佳理

中山 由佳理

株式会社リクルートキャリアで企業向け採用支援・人材紹介、個人向け転職支援・求人紹介を行う。現在はS.J.S株式会社を第二創業し、研修・人材事業をメインに事業を行っている。

平松 克啓

平松 克啓

ヒラマツグミ一級建築士事務所代表。「淡路はたらくカタチ研究島」発起人。その他古民家再生プロジェクト「recominca」、コミュニティースペース「233」の運営を行う。

冨田 祐介

冨田 祐介

株式会社シマトワークス代表取締役。淡路はたらくカタチ研究島の立上げ、事務局運営に関わりその後シマトワークスを立ち上げ、淡路島を拠点に食・観光・研修の企画提案を行う。

やまぐち くにこ

やまぐち くにこ

淡路島生まれ。2005年NPO法人淡路島アートセンターを設立。淡路島を耕す女として、新しいことにチャレンジする土壌を島の中につくりたい!と新たな価値の創出に奮闘する。「淡路はたらくカタチ研究島」発起人。

高木 恵美

高木 恵美

ウェブディレクター、IT会社マネージャーを経て、2009年よりフリーランスで活動。出産・子育てをきっかけに自主保育や森のようちえんの運営に関わる。主にノマド事業を担当。

お問い合わせ